アンゾフの成長マトリクスとは?概要や活用のコツついて解説します

事業をどのように成長させていくべきか、これは、経営者やマーケターの皆さまが抱えているお悩みの中でも、最も大きな割合を占めるのではないでしょうか?

事業における成長戦略の方向性を探るフレームワークに、アンゾフの成長マトリクスがあります。このマトリクスを活用することで、成長戦略の方向性を網羅的に洗い出すことができます。また、現在までの事業をフレームワークに当てはめて整理することで、自社の事業拡大の傾向、強み、弱みを確認することができます。

本記事では、アンゾフの成長マトリクスの概要や、活用する際の留意点についてわかりやすく解説していきます。

アンゾフの成長マトリクスとは

アンゾフの成長マトリクスは、「戦略は組織に従う」という言葉を残したことでも有名な、経営学者のイゴール・アンゾフによって提唱されました。企業活動を市場と製品の軸で、既存と新規の4つに分類し、成長戦略の方向性を探るために開発されました。

アンゾフの成長マトリクスでは、成長戦略は市場浸透(既存×既存)、新製品開発(新規×既存)、新市場開拓(既存×新規)、多角化戦略(新規×新規)に分類されます。

4つの象限について詳しく見ていきましょう。

市場浸透(既存市場×既存製品)

市場浸透は、既存市場に対して既存製品を投入し、更なる売上やマーケットシェアの拡大を狙う戦略です。
既存市場の中でシェアを拡大する、商品・サービスの購入頻度や利用頻度を増やす、といった方法が考えられます。4つの分類の中で一番成功率は高いのですが、成長の継続が難しいのが特徴です。

新製品開発(既存市場×新規製品)

新製品開発は、既存市場に対して新規製品を投入し、アップセルやクロスセルを狙い、売上やマーケットシェアの拡大を狙う戦略です。既存の顧客基盤や技術を活かして展開できる商品・サービスのラインナップの拡張、と行った方法が考えられます。4つの分類の中で二番目に成功率は高いですが、商品企画力や研究開発力が求められるのが特徴です。

新市場開拓(新規市場×既存製品

新市場開拓は、新規市場に対して既存製品を投入し、新市場の開拓を行ったり、製品開発コストの削減や製品の生産増に伴うスケールメリットを狙う戦略です。異なる顧客層や、異なる地域への展開する、と行った方法が考えられます。4つの分類の中での成功率は三番目になります。異なるニーズを持つ新しい顧客に、既存製品を使ってもらえるか、が鍵となります。製品を確保する、そして販売するための流通やチャネルが確保できるかも、難易度の高いテーマとなります。

多角化(新規市場×新規製品)

多角化は、新規市場に対して新規製品を投入し、新たな収益機会を狙う戦略です。新規事業と呼ばれる活動の多くが、この分類に属します。4つの分類の中で最も成功率が低いです。未知の領域のため、一から事業を立ち上げるのではなく、企業を買収して、経営資源やノウハウを手に入れることもあります。

コツ・留意点

アンゾフの成長マトリクスを活用する際のコツ・留意点を4つご紹介します。

一つ目は、施策数を意識することです。事業を成長させるための施策のアイデアは、制約や優先順位にとらわれず、たくさん洗い出しましょう。競合が思いつかない施策を思いつく可能性が高まります。

二つ目は、相乗効果を意識することです。新しい事業を検討する際には、既存事業との相乗効果が見込めるかどうかも意識しましょう。相乗効果とは、既存の資源の有効活用や、関連するビジネスを行うことで、企業が得られる様々なメリットを指します。

三つ目は、投資対効果を意識することです。アンゾフの成長マトリクスでは市場と商品を軸にしますが、コストに対するリターン、つまり投資対効果のバランスにも留意する必要があります。

四つ目は、成長戦略の意思決定をする際は、様々な角度から分析することです。アンゾフの成長マトリクスに加え、バリューチェーンや、プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントといった、異なる切り口の事業分析フレームワークも使いながら、総合的に判断していきましょう。

さいごに

ここまで、アンゾフの成長マトリクスの4つの分類についてご紹介しました。過去の事業の特徴や、網羅的に洗い出された施策案から、今後の成長戦略の方向性を導き出しましょう。

この記事がみなさまのご参考になれば幸いです。