マーケティング業務に関するおすすめの資格8選

マーケティングという言葉には、市場のニーズを探り、市場に求められている商品やサービスを効率的に提供するための活動の全てが含まれます。

そのため、市場調査や新商品の企画、営業戦略やプロモーション戦略など、マーケターの活動内容は多岐にわたりますが、それぞれの業務においては、関係する資格取得を目指すことで体系的に知識を学ぶことができます。

本記事では、マーケティング業務に関するおすすめの資格をご紹介したいと思います。

マーケティングの仕事とは

マーケティングの仕事には、市場のニーズを探り、市場に求められている商品やサービスを効率的に提供するための活動の全般が含まれます。「商品やサービスが売れる仕組みをつくること」に関連する業務は、全てマーケティング業務であるとも言えます。

そのため、以下のような企業活動はすべてマーケティング業務と呼ぶことができます。

・市場調査
・事業戦略策定
・商品やサービスの企画
・広告・宣伝
・営業活動
・顧客の情報管理
・顧客満足度の向上 など

ただし、マーケティング業務に携わることになっても、どの領域の業務に携わるか(あるいは全ての業務に携わることができるか)は、企業によって大きく変動します。そのため、転職・就職によって新しい企業のマーケティング業務に携わる場合には、企業側の求めているスキルや指向性と、自分が持っているスキルや指向性にミスマッチが発生しないように注意する必要があります。

資格を取得するメリット

マーケティング業務に携わる上で資格の取得は必須ではありません。実際に資格を持たずにマーケティング業務に携わっている方も多いと思います。ただし、マーケティングの資格を取得するメリットには、次のようなことがあります。

テーマ別に知識を体型的に学ぶことができる

マーケティング業務は多岐に渡りますが、マーケティングの資格にも、対応する形で様々なものが存在します。例えば、Webマーケティングに関する知識を体系的に学びたい方向けに、ネットマーケティング検定やwebアナリスト検定なども存在します。

基礎知識を有していることのアピールになる

マーケティングの資格を取得することは、基礎知識を有していることのアピールに繋がります。実務経験や実績がある場合であれば問題ないですが、マーケティング業務は多岐に渡るため、未経験の業務に携わる可能性も高いです。そのような場合にも、資格を持っていれば、基礎知識を有していることのアピールになり、未経験の業務でも任せてもらえる可能性が高くなります。

また、高難易度の資格を有している場合には、保有している知識やスキルを証明するための材料にもなります。転職や就職、営業の際に、資格を持っていることが優位に働くこともあるでしょう。

マーケターにおすすめしたい資格8選

ここからは、マーケターになりたい人、スキルアップしたい人におすすめの資格をまとめてご紹介して行きます

・マーケティング・ビジネス実務検定
マーケティング・ビジネス実務検定は、特定の業種に捉われない共通のマーケティング知識習得を目的として発足された検定です。そのため、マーケティング全般における基礎的な知識を身につけられる資格です。
※詳しくはこちら

・ネットマーケティング検定
ネットマーケティング検定は、インターネットの特性理解と、適切なマーケティングを行うための知識習得を目的として発足された検定です。そのため、SEO(検索エンジン最適化)やSEM(検索エンジンマーケティング)の知識を身につけることができます。
※詳しくはこちら

・Webアナリスト検定
Webアナリスト検定は、解析ツール上のデータを正しく読み取るための知識取得を目的として発足された検定です。そのため、Googleアナリティクスを実務に活かすための知識を身につけることができます。
※詳しくはこちら

・ネットショップ検定
ネットショップ検定は、ECサイト運営の基礎知識や、ECサイトを運用して集客するための知識取得を目的として発足された検定です。そのため、ネットショップ(EC)事業に関わる人におすすめです。
※詳しくはこちら

・Webライティング能力検定
Webライティング能力検定は、コピーライティングを担当する広報の方や、ブログ記事の執筆を担当するマーケティング担当者におすすめの検定です。ライティングの知識だけでなく、SEOや、法律関連の知識も身につけることができます。
※詳しくはこちら

・Google 広告認定資格
Google 広告認定資格は、Google広告の基礎知識を理解し、実務に活用できることを証明するための資格です。Google広告の運用に携わる方や、効果改善のための施策に関わる人におすすめの資格です。
※詳しくはこちら

・Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験
Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験は、Yahoo!プロモーション広告の基礎知識を理解し、実務に活用できることを証明するための資格です。Yahoo!プロモーション広告の運用に携わる方や、効果改善のための施策に関わる人におすすめの資格です。
※詳しくはこちら

・データ解析士
データ解析士は、マーケティングリサーチデータを統合的に解析するためのスキルと知識取得を目的とした資格です。そのため、データサイエンティストとしてスキルアップしたい方や、データサイエンティストになりたい方におすすめの資格です。
※詳しくはこちら

・ウェブ解析士
ウェブ解析士は、アクセス解析をはじめとしたウェブ解析データを体系的に活用するためのスキルと知識取得を目的とした資格です。そのため、ウェブを活用したマーケティング施策の全般の効果改善を行い、成果に繋げたい方におすすめの資格です。
※詳しくはこちら

・中小企業診断士
中小企業診断士は、経営に関わる幅広い知識を体系的に理解し、実務に活用できることを証明する経営コンサルタントの国家資格です。経営課題の解決という視点からのマーケティングが理解できるようになるため、事業戦略の立案に関わるなど、経営に対する幅広い知識が求められるマーケターにおすすめの資格です。
※詳しくはこちら

さいごに

本記事では、マーケティング業務に関するおすすめの資格をご紹介してきました。

マーケティングの業務は多岐にわたりますが、資格の勉強を通じてマーケティングの知識を効率よく学ぶことができれば、経営の上流に関わる業務(事業戦略策定など)を含め、活躍の幅を広げることができるようになります。

マーケティング業務に資格は必須ではありませんが、マーケターとしてのスキルアップのためにも、さまざまな資格の取得にチャレンジしてみることをおすすめします。